愛されているという前提


こんにちは♪

水曜日担当いくみんです。

うちにはピーチという

1歳の猫がいます。

今日はそのピーチのお話を。

 

ピーチは猫にしてはとてもとても

人懐っこくって、全く人見知りしません。

 

 

 

うちにはよく人が来るのですが、

誰の膝の上でも甘えて、

お腹を出してしまうほど。

 

こんな猫ちゃん珍しいよね

とよく言われます。

そしてそんなピーチを見ると

猫が苦手っていう人でも

たちまちピーチが大好き!

ってなっちゃう

 

そんな場面を何度も見てきました

うちの両親も

その典型なんです笑笑

 

 

話を戻すと

ピーチがどうして無防備に誰にでも

甘えられるのか

 

それは多分

自分は全世界から愛されている

という前提で生きているからなんです

 

 

ピーチは兄弟が10匹くらいいる家で育ち、

人間の家族も4人の中で

愛情たっぷりで育ちました

 

そしてうちに来てからも

私やたくさんの人たちの

愛情をたっぷりもらっています

 

 

だからピーチは自分は愛されている

という前提でしか生きていないのです

 

 

そして、そんなピーチに触れると

本来猫が苦手な人たちにさえも

ピーチは愛されてしまうという

現象が起こることを知りました

 

 

本人がどんな前提で生きているか、

それによって、外の世界も変わってきます

 

 

もしなんでも思い通りになるとしたら、

あなたはどんな前提で生きたいですか?

 

:::::::::::::::::::

一般社団法人千の手主催のランチ会♪

今回のテーマは
「カウンセリングってなあに?」

まゆさんやいくみんと一緒に
ざっくばらんにランチしながら語りませんか?

場所:銀座佐藤養助 養心蔵
東京都中央区銀座2-6-9
日時:6/23 11:30-13:30
会費:3000円(ランチ代込み)
定員:5名

お申し込みはこちら⇒申し込み

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
土肥郁美(どひ・いくみ)

1978年、千葉県生まれ、千葉県在住。
大卒後、4年間の社会人生活ののち韓国へ留学。
語学習得後、現地法人に就職し通訳・翻訳をおこなう。

帰国後、ゲーム会社勤務を経てプロコーチとして独立。

情緒ゆたかでお茶目なキャラクターは、
クライアントから“いくみん”の愛称で親しまれる。

過去には、誰にも相談できない苦悩を長年抱えていた。
幼いころから、家族が心の病をかかえ、自らも7年におよぶ過食症を体験。

周りには本当の自分を知られるのが怖く、自分の中の闇を必死に
隠していたため、周りからは「いくみんて悩みなさそうでいいよね」
と言われ、そのギャップに長年苦しんだ。

現在、「今が一番自分らしい」と
屈託なく笑うが、その背景に、打ち明ける勇気を出した自分と、
それを受け入れてくれた人たちがある。

何でも話せる安心感と、本気でぶつかっていくスタイルで全力サポート。

☆メルマガやメニューなど
https://www.reservestock.jp/subscribe/29606

☆アメブロ
http://ameblo.jp/coach-ikumin

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です