私達の理念


◇理念◇

ヴィジョン

私たちは、“誰もが”“当たり前に”“自分の人生を”“幸せに生きる”社会を築いていきます。

ミッション

私たちは、自分の使命(命をどう使うか)を理解し、その使命を「対人援助」として使うことをコミットします。

価値

私たちは、ひとりひとり持っている能力や与えられた課題が違い、誰しもが「間違っていない」「劣っていない」ことを知っています。

行動

私たちは、自らの持っている能力や与えられた課題を理解することで、関わる人への効果的な貢献をします。
そのために私たちは、以下の行動規範を遵守します。

  1. 自分を大切にする
  2. 家族を大切にする
  3. まわりの人を尊重する
  4. 自分の能力の限界について探求する
  5. その限界を超えるためにできるチャレンジをし続ける

〜私たちが目指す

「誰もが当たり前に自分の人生を幸せに生きる社会」

とは、

「支えあう」が当たり前

である社会です。

それは、20世紀初頭に“一人一人の個人”に焦点を当てて
その“個々”を大切にする視点を持った心理学者である
アルフレッド・アドラーが提唱した「幸福の三原則」に
当てはめてお伝えしますと、

「自己受容」

「他者信頼」

「他者貢献」

…自分を受け入れ、他者を信頼し、それを土台に互いに貢献しあう。
言い換えれば、自分自身を深く知り、自分の個性、他者の個性を理解し、それぞれの個性を活かしあう

という私たちが元々持っている、人との間で幸せに生きる為の力を

“誰でも”“当たり前”に使えている社会です。

誰でも協力しあえる社会であれば、

今起きている、人と人との「問題」、人と環境との「問題」など
「問題」と呼ばれていることの多くが解消されると考えています。

本来は誰しもが“自分のできることを通して『対人援助』”をしている訳で、日本人特有かもしれませんが「する」のは得意だけれど「してもらう」のはあまり得意ではないように思うのです。

熱が出たら病院にいく、ということがスタンダードなように、「今困っていること」にも必ず役立つ何かがあります。

自分でなんとかすることがダメなわけではありませんが、多くの悩みや困りごとは誰かに話すだけでも解決に進みやすくなります。

 

あなたも誰かを信頼し、相談することができると、

貴方の周りの誰かもまた、誰かを信頼し、相談することができるかもしれません。

 

私たちは、そんなあなたが“問題を解決”し、あなた自身を生きるための、

信頼しあえる“人”と繋がるお手伝いをしていきたいのです。