心配事とチャレンジと好奇心と


こんにちは、
千の手Web担当、まさきです。

普通に生活していても
“初めて”という場面に遭遇します。

それは、
 急に目の前に現れることもあれば
 誰かからの頼みで、あるいは指示で
 現れることもあります。

“初めて”のこと、そのやり方は
自分にとっては、“創造”です。
つまり、日常は、
 望むと望まざるとに関わらず
 好むと好まざるとに関わらず
一人一人が
 “創造者(クリエーター)”
なんです。

とは言っても、
 「新しい事、苦手なんだよね」
という方もいます。

とはいっても
 「これ、よろしくね」
と頼まれてしまうことがあります。

どうしましょうか?

“初めて”の事に取り組むことは

 …上手く行かなかったら
 …迷惑をかけたら

と考えてしまうと、
ハードルが高くなる。
“難しいこと”、“挑戦”になってしまいます。

挑戦好きならば良いですが
そうでなければ、ちょっとツラい

“初めて”の事なんだから

 …上手く行かないことあり得る
  だとしたら、
  上手く行くポイントは何だろうか

という風に、あたかも“謎解き”
クイズや、パズル、推理小説を読み進む
ように関われたらどうでしょう。

“挑戦”の中に、本来あるはずの
“好奇心”に注目するわけです。

その為には、始めるにあたっての
“心配事”をしっかり確認する必要があります。

 できたら、
 そんな“心配事”には
 関わりたくない

そう思うかもしれませんが、
実は、前もって、
その事に向き合っておくと

初めてのこと、
自分にとって少しハードルの高いことを
安心して取り組むことができるんです。

…もしかすると
 「そんなこと知ってるよ」

かもしれませんが、
実際に、しっかり“向き合う”を
しておくと

気持ちが楽なだけでなく、
あなたがあなたの今のある力を
楽に発揮出来るんです。

…千の手職人メンバーが
 あなたの未来を創るお手伝いを
 するとき、
 こんな関わり方でサポートしますよ。

:::::::::::::::::::::::::::::
稗島 正樹(ひじままさき)

1971年、石川県生まれ、東京在住。
新卒から7年間ITの提案営業、技術営業として、顧客の業務と、システム開発との調整役を果たす。
その語、運輸業界において、業務改善、業務分析、提案指導を担当する。その後、NLPトレーナー、コーチとして独立。

言葉遊びや身近な話題を織りまぜて、気楽に、楽しくレッスンをしたり、コーチングをするのが僕のスタイルです。
時に、喩え話や、時にマンガや小説の一節が“大きな変化”の糸口になる経験をたくさんしています。
誰もが持っている、“遊び心”、“好奇心”を最大に活かしながら、一緒に未来を創っていけると嬉しいです。

HP
https://team-awakeners.com
主催するセミナー、ワークショップのご紹介
https://nlp.team-awakeners.com/
ブログ
http://ameblo.jp/awakeners/
電子書籍
“わがまま”に生きるためのNLP講座(Kindle) 2015.11
“わがまま”な“あの人”との付き合い方(Kindle) −仕事篇 2016.3

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です