自分を広げる“場”という発想

物事をシンプルに、そして簡単に!

こんにちは、
千の手Web担当、まさきです。

一人で考え込んでいるとき
多くの場合は、
目の前にある、身近にある
“何か”に気づいていない事があります。

なぜ、“気づけないか”というと
あまりにも
 “自然”に
そこにあって、重要に思えない
なんてこともあったります。

そして、ときに、“私の当たり前”は、
別の人から見ると
“とても興味深い”、“とても気になる”
部分なのです。

「そこにあるのに気づけない」

…そこにあるんです。

あとは、それに気づけるようにすればいい

ってことになります。

そこで、誰かの目、耳、感覚に
手伝ってもらったらどうでしょう?

その人は、あなたの
「そこにあるのに気づけない」
に気づくことができます。

同時に、あなたは、相手の
「そこにあるのに気づけない」
に気づくことができます。

そして、互いに
気づいたことについて、
尋ねることができます。

さらに、もっと重要な要素は

「相手と自分に興味をもつ」

ということ。

その“興味”がそこにあるモノから
宝物や糸口を引き出す力に
なります。

これがコミュニケーションで
互いの理解を深め、
そこからさらに新しい気づき
アイディアを生み出します。

特にコーチ、カウンセラーは
問題に直面したり、
目標に向けて高いハードルに遭遇して
自分のことにさえ、興味が向かず

問題や課題に意識が向いてしまって
膠着している方が

コーチ、カウンセラーとの会話によって

「相手と自分に興味をもつ」

ためのステップをつくって行きます。

あなたがあなたとして、
あなたの既に持っているものを
活用して
“問題・課題”を見事にクリアするのを
サポートします。

あなたが、もしあなたの

“問題・課題”にとらわれているとしたら

あなたがそれを扱うのに
必要充分な状態を引き出す

コーチ・カウンセラーとの会話は
いかがですか?

:::::::::::::::::::::::::::::
稗島 正樹(ひじままさき)

1971年、石川県生まれ、東京在住。
新卒から7年間ITの提案営業、技術営業として、顧客の業務と、システム開発との調整役を果たす。
その語、運輸業界において、業務改善、業務分析、提案指導を担当する。その後、NLPトレーナー、コーチとして独立。

言葉遊びや身近な話題を織りまぜて、気楽に、楽しくレッスンをしたり、コーチングをするのが僕のスタイルです。
時に、喩え話や、時にマンガや小説の一節が“大きな変化”の糸口になる経験をたくさんしています。
誰もが持っている、“遊び心”、“好奇心”を最大に活かしながら、一緒に未来を創っていけると嬉しいです。

HP
https://team-awakeners.com
主催するセミナー、ワークショップのご紹介
https://nlp.team-awakeners.com/
ブログ
http://ameblo.jp/awakeners/
電子書籍
“わがまま”に生きるためのNLP講座(Kindle) 2015.11
“わがまま”な“あの人”との付き合い方(Kindle) −仕事篇 2016.3

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です