“不安”は気分で、具体策が見つかれば“課題”に変わる

こんにちは、
千の手Web担当、まさきです。

いってみれば、当たり前のこと
かもしれないのですが…

 「はぁ〜なんか“不安”」

と口にするときに

それは
 “気分”であったり
 “気持ち”であったり
なので、まわりの人から

 「そんなに気にすることないよ
  気のせい、気のせい」

と言われるのですが
当事者としては
 「気のせいで片付けたくはない」
感じがする…

確かにこんなふうに“傍から”みれば

 「気分」「気持ち」

なのです。そして、それは

 「…な感じ」

というように、身体に 
 「ず〜ん」とか
 「ぎゅーっ」とか
何か迫ってくる身体の“感覚”がある
だから、“リアル”も存在するのです。

ただ、ここで覚えておいて欲しいのは

 「起こって欲しくない未来」

に対して不安を覚えているならば

 「“今ここ”は安全なのだ」

ということ。
もしも「困り事の真っ最中」だったら

 「不安だなぁ〜」

なんて事を感じる暇はないですもん。

そう、
 「今ここは安全」
なんです。

ですから、この隙に
緊張に気づいたら、肩とか揺らして
ちょっと力を抜いて

で、

もし仮に、
 起こって欲しくないことが起こったら
 何が困るのか
を確認。そして
 最低限何があれば、できていれば
 困らないのか
さらに
 そのために今からなにができるのか
安全な
 “今ここ”で
準備しちゃおうって寸法…どうですか?

大きな枠組でいうと、
コーチングもカウンセリングも
クライアントである
あなたが“あなたの課題・困り事”を
あなた自身が解決していくことを
お手伝いします。

…ですから、あなたの“できること”を
 一緒に見いだす。
 協力者も一緒に探す

一人でそして“不安な感じ”で金縛りに遭ったまま
探す代わりに、あなたの“力”を引き出す呼び水として
コーチ、カウンセラーのサポートが使えるんです。

必要なときには、是非声をかけて下さいね。

:::::::::::::::::::::::::::::
稗島 正樹(ひじままさき)

1971年、石川県生まれ、東京在住。
新卒から7年間ITの提案営業、技術営業として、顧客の業務と、システム開発との調整役を果たす。
その語、運輸業界において、業務改善、業務分析、提案指導を担当する。その後、NLPトレーナー、コーチとして独立。

言葉遊びや身近な話題を織りまぜて、気楽に、楽しくレッスンをしたり、コーチングをするのが僕のスタイルです。
時に、喩え話や、時にマンガや小説の一節が“大きな変化”の糸口になる経験をたくさんしています。
誰もが持っている、“遊び心”、“好奇心”を最大に活かしながら、一緒に未来を創っていけると嬉しいです。

HP
https://team-awakeners.com
主催するセミナー、ワークショップのご紹介
https://nlp.team-awakeners.com/
ブログ
http://ameblo.jp/awakeners/
電子書籍
“わがまま”に生きるためのNLP講座(Kindle) 2015.11
“わがまま”な“あの人”との付き合い方(Kindle) −仕事篇 2016.3

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です