天の時、地の利、人の和って聞いたことありませんか?

こんにちは、
千の手Web担当、まさきです。

今から2400年前を生きた
孟子はこう言いました。
『天の時は地の利に如かず
  地の利は人の和に如かず』
と。

天(タイミング)、地(場所)、人(チームワーク)
というのは、この世界を作る要素だと
考えられていました。

…現代も大きくは違わないと思います。

この言葉からいくつかの学びがあります。

それは、「物事は出たとこ勝負」では上手くいかない。
だから、自分にとって最も有利になるように
準備を整えようということ。

漠然と『有利になる』
ではわかりにくいので
まずは、「タイミング」、「場所」は
選ぶことが出来ます。

そして、物事が成るように、事を為すのは
 「人」
ですから、その人がどれだけ
有効に機能するかですので
おのずと「チームワーク」が一番大事と
ということになります。

私たちが悩んでいるとき
「なにが」「どのように」
困っているかが分かっていないときがあります。

どんなに優れた人であっても
どんなに優れた技であっても
その優れた力が意味を成さない状況では
残念ながら期待外れになります。

丁度、スポーツで競技によって
つけて良い筋肉、とつけてはいけない筋肉があったり
筋肉をつけすぎて、身体のバランスを崩して
結果が出ない
なんていうのはまぁ聞く話です。

そうすると「人の和」というのも
状況によっては、
 上意下達が必要な事もあれば
 臨機応変が求められる場
もある

つまり、
今の自分の状況と、周りの環境とに
注意を向けていなければ

上手く行くものも上手く行かない

ということになるんです。

千の手には、
 あなたと同じ事ができるメンバー
も居れば
 あなたと違う事ができるメンバー
もいます

そして、あなたが提供できることを
たくさんの人に届けなければならないとき
同じ事ができるメンバーは援軍になります。

あなたの提供できることに、何か付加したいときには
あなたと違う事ができるメンバーは援軍になります。

千の手では
あなたがもっと届けたい人に
あなたの力が届くのを
サポートします。

まずは、声をかけてみて下さい。
月に数回、中央区や多摩市などで
活動日を設けています。

:::::::::::::::::::::::::::::
稗島 正樹(ひじままさき)

1971年、石川県生まれ、東京在住。
新卒から7年間ITの提案営業、技術営業として、顧客の業務と、システム開発との調整役を果たす。
その後、運輸業界において、業務改善、業務分析、提案指導を担当する。その後、NLPトレーナー、コーチとして独立。

言葉遊びや身近な話題を織りまぜて、気楽に、楽しくレッスンをしたり、コーチングをするのが僕のスタイルです。
時に、喩え話や、時にマンガや小説の一節が“大きな変化”の糸口になる経験をたくさんしています。
誰もが持っている、“遊び心”、“好奇心”を最大に活かしながら、一緒に未来を創っていけると嬉しいです。

HP
https://team-awakeners.com
主催するセミナー、ワークショップのご紹介
https://nlp.team-awakeners.com/
ブログ
http://ameblo.jp/awakeners/
電子書籍
“わがまま”に生きるためのNLP講座(Kindle) 2015.11
“わがまま”な“あの人”との付き合い方(Kindle) −仕事篇 2016.3

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です