考える前に試してみること…身体の知恵を使う

こんにちは、
千の手Web担当、まさきです。

「なんとなく、そう思う
 これといって、明確な根拠はないんだけど
 “確かに”…そう思う」

 “直感”と言うやつですね。

 説明は出来ないけれど
 “これだ!”という証拠を示せないけれど
 なんだか“確からしい”ことを
 知る方法がどうもあるらしいのです。

 私達が日常生活をしているとき
 全ての行動に関して

 AがBだから、Cという問題点はあるけれども
 総じてDという結論になる

 といったような

 いわゆる“論理的”な証明をして
 選んでいるわけではありません。

 むしろ
 “論理的”な説明は後付け
 自分以外の誰かを説得するための

 おまけ

 です。

 つまり、自分を説得するには

 必要ではない。

そうしたら、
今、まだ、疑いがある、“確か”とは言えないこと
を自分に説得するにはどうするか

というと

 “確かめる”…自分自身の目と耳、感覚
…行動で確かめる
 というわけです。

自分の“直感”を納得させるわけです。

この場合、“おまけ”
…後付けの説明になりがちな
“思考”は、あまり役に立ちません

考える前に、すこし行動を起こしてみる。

自分自身の五感、身体も信用してあげてみて下さい。

確かに、“なんとなく”というような
曖昧な表現が多くて

「いったい何が言いたいんだよ!!」

とツッ込んでしまいたくなるほど
口下手だったり、表現が素早くはありませんが

私達が、考えている間も
寝ている間も、反射的に行動している間も

休む間もなく、経験し、知恵を集めているのは
紛れもなく

自分自身の五感、身体

なのですから。

…ここを味方に、信用できるようになると

随分『自分への信頼』度
上がりますよ…なにしろ、

 自分を信頼する

ことになるってことですから。

では。

:::::::::::::::::::::::::::::
稗島 正樹(ひじままさき)

1971年、石川県生まれ、東京在住。
新卒から7年間ITの提案営業、技術営業として、顧客の業務と、システム開発との調整役を果たす。
その後、運輸業界において、業務改善、業務分析、提案指導を担当する。その後、NLPトレーナー、コーチとして独立。

言葉遊びや身近な話題を織りまぜて、気楽に、楽しくレッスンをしたり、コーチングをするのが僕のスタイルです。
時に、喩え話や、時にマンガや小説の一節が“大きな変化”の糸口になる経験をたくさんしています。
誰もが持っている、“遊び心”、“好奇心”を最大に活かしながら、一緒に未来を創っていけると嬉しいです。

HP
https://team-awakeners.com
主催するセミナー、ワークショップのご紹介
https://nlp.team-awakeners.com/
ブログ
http://ameblo.jp/awakeners/
電子書籍
“わがまま”に生きるためのNLP講座(Kindle) 2015.11
“わがまま”な“あの人”との付き合い方(Kindle) −仕事篇 2016.3

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です