でも、誰に相談したらいいかわからない


今の状態が、

 「誰かに相談したほうがいい状態なのか」
 「相談したほうがいいとしたら、誰にしたらいいのか」
 「値段はいくらが妥当なのか」

わからない、
という方は多いのではないでしょうか。
 
お腹が痛いなら、内科や胃腸科に
  ・・・というのはなんとなくイメージできるかもしれません。

投薬を受けたり、客観的に臓器が
どうなっているのかを知ることはできます。

その「起きていること」で
「不快なものを取り除く」ことに、
お医者様は必要です。
 (もちろんそれ以外にも)

もし、その痛みの理由が、
『食べたものによるもの』だったとしたら、
 その食べ物をもう食べない、
 もしくは、別の食べ方にするなど、

 「あったことを」思い出し、
 「現状どうか」を確認し、
 「これからどうなりたいか」を考えて行動する。
ということが、

これから同じ痛みを招かないために必要である、
ということはおわかりいただけるかと思います。

それを作っていくためにお役に立てるメンバーが、
 この「千の手」に集っています。

リストを見ていただいて、

 「この人」と思われるメンバーがいれば、

ぜひつながっていただきたいですし、

 「誰がいいのか」
 「どのサービスがいいのか」
 わからない時には、

コンシェルジュサービスをご利用いただいて、

 「誰が・どれが・今の自分に必要なのか」
 「値段はいくらのものが適切なのか」
 「病院は行ったほうがいいかどうか」

ということを相談していただくことで
解決に進むことができます。