6/10午後 東京開催 講演会「介護の現場から 〜介助職者のリアルな話」


千の手の作業を一緒に進めてくださっている
「えくぼさん」の”職人”の一面。

彼の話すエピソードに、いつも感動してしまいます。

そして、
人の晩年に寄り添う中での体験談は、
私たちが、幸せな未来生きるリソースになる、
と感じました。

カウンセリング、メンタルコーチングを学んでから
認知症を抱えるお年寄り専門の介護施設で、人の晩
年に寄り添い続けてきたからこその、彼にしか伝え
られないことがあります。

幸せでいること、その秘訣、今、普通に暮らせてい
るけれど、このまま歳を重ねていいか?
合わせて、両親が高齢になってきたけれど、
どうしたものか?と思っている方、

また、
カウンセラー、メンタルコーチ、対人援助職をして
いて、死生観について改めて考えたい方

そんな方にぜひ聴いていただきたい講演です。

日時 :2017年6月10日(土)
    14〜16時(開場は10分前より)
会場 :東京都内(お申込みいただいた方にお送りいたします)
参加費:3000円(税込)
講師 :神原雅人

 ※最低開催人数3名
  開催人数に満たない場合には延期とさせて頂きます。ご了承下さい。

6月10日の開催は延期とさせて頂きました。
改めて、日程を設定し、本HP上でお知らせ致します。


◆講師:神原雅人(かんばら まさと)氏

チームフロー プロコーチ養成スクール修了
介護福祉士
日本コア・トランスフォーメーション協会アドバンスコース修了

ベビーカーのメーカーに17年勤め、
営業、広告、店舗企画、展示会プロデュースなどの仕事を経験。
出産・育児・キャリア幸せの未来予想図を実現の支援を行う。

展示会プロデュースの仕事では、無理難題を解決するが、チームはバラバラ、
屋上から飛び降りそうになるくらい追い込まれる。

リーマンショックの影響もあり、やむなく退職。
自分では、コントロールできない環境の変化に、喪失感を深く味わう。
何をすれば自分を幸せに出来るか?わからなくなり人生の迷子になる。

カウンセリング・メンタルコーチングに再び出会い、
自分の取り扱い説明書を探す。

その後 、認知症のお年寄りの介護の仕事に出会う。
介護職として介護施設で3年の経験を経て、介護福祉士資格取得。
改めて、何が大事?どうなればいいのか?振り返るきっかけを得る。

「自分らしく生き切きたい!」
十人十色、様々なお年寄りの想いに寄り添う中で、
晩年にある出来事が必ずおこり、心理的にどのくらい準備できているか?が、

すべての人が「今、幸せでいる事」
のパスワードである事に気が付く。

現在、介護福祉士として認知症を抱えるお年寄り専門の介護施設勤務。
同時にカウンセラー・メンタルコーチとして

「普通に働き、普通に生活できているけれど、このまま年を重ねていいのか?
モヤモヤしている。」

「対人援助職についているが、ストレスフルでどうしよう?」

そんな壁にぶちあっている方の支援をしています。

趣味は、料理。得意料理はシチュー、レアチーズケーキ。

※キャンセルポリシー(ご返金時の振込手数料はご負担ください)

前日まで0%
当日開催前50%
当日開催後100%